占い方法大辞典

名 称 概    要
アカシックレコード 全宇宙に存在する大図書館に、すべての人や植物や動物などの記録があって、そこからの情報を引き出すことで、これから生きることのヒントを導きます。もちろん、あなたも、あなたの飼っている猫のものまで、この大図書館に情報があります。
オーラ オーラとは体の中から発せられる霊的エネルギーのことで、体全体を包んでいます。目には見えませんが、生きている限り、誰でも光のヴェールをまとっているのです。このオーラは、その方の性格や健康状態、心理状況によって、色や形などが変わります。
オラクルカード オラクルとは『神託』という意味で、簡単に言うと神様とか、ハイヤーセルフとかインナーチャイルドなどからのメッセージを受け取ることができるカードです。最近はカードの種類も増えましたので、直感的にピンときたものや絵柄が好きなものなど、どれか一つもっていると良いかもしれません。
ダウジング ダウジングの歴史は非常に長く、元々は「水脈」を探すことに使用されていました。現代では「水脈」だけでなく「鉱脈」、「油田」、「温泉」、「探し物」まで様々な分野でダウジングの技術は利用されています。ダウジング占いの魅力は、ペンデュラムが1つあればいつでも、どこでもダウジングができる点です。
タロットカード 質問者の問いに対してカードを引いて答えを出していく、古くから多くの人に支持されてきた占い。その歴史はとても古いものですが、時代を超えてカードの絵に神聖な要素を見出し、追求した人物達の影響によって、占いのツールとして圧倒的な人気を誇っています。
チャクラ 人の体には、「気=エネルギー」の出入り口となる『チャクラ』が存在します。チャクラは頭のてっぺんから脊柱にそって7つありますが、何かが原因でチャクラが閉じてしまうと、うまくエネルギーが回らなくなり、その司る部分が不調になったり、不運を招きやすくなってしまいます。
ハイヤーセルフ ハイヤーセルフとは・・・自分の魂そのもの、輪廻転生してもハイヤーセルフは変わることはなく、この地上に生まれる前に今生でどのような環境で生まれ、何をするかを決定している存在です。今生での役目を全うし、より高次の魂になるために、軌道修正をさせてくれます。
ペットの気持ち みなさんペットは飼ってらっしゃいますか?ウチのペットは毎日ほぼ寝てばっかりで、お顔もぶちゃいくなんですけど・・・たまらなく癒されます・・・。いつも何を考えているんですかね(笑)ペットの言葉がわかればなぁ・・・。エスペラントにはペットの気持ちがわかる先生もいらっしゃいます。
マヤ暦占い 人はみんなその日を選んで生まれてくると考えられているそうです。マヤ暦は、誕生日から生まれ持った能力や性質がわかるといわれています。あなたらしくその能力を発揮できるように導いてくれるそうです。職業・恋愛の相性や人間関係、人生のガイドブックになるかもしれませんね。
ルーン ルーンの語源は「秘密、神秘、謎」を表す語で呪術的、宗教的な文字といわれています。ルーン文字は古代のアルファベットで、一つ一つの文字には名前と意味があります。24のルーン文字が刻まれたストーン製やウッド製のルーンで占います。
レイキ(気送り) 日常の中に「気」はあふれています。「元気」「勇気」「運気」「空気」「気持ち」・・・私たちは「気」の力に影響されています。この「気」を活用したヒーリングをレイキと言います。もともとは日本生まれですが、日本より海外でよく知られています。レイキは宇宙からのエネルギーを体に流すといったイメージですね。
易(えき)は中国から伝わり占術でもあり、学問の一つでもあります。とても奥義が深く、複雑なので易経のできる占い師さんはとっても貴重な存在なのです。易は筮竹(ぜいちく)だけでなく、不思議な形のサイコロ、そして簡略化するとコインを用いて占うこともできます。
九星気学 九星・気学(きゅうせい・きがく)とは、生まれた年月日の九星と地支(十二支)を基本とし、一白水星 二黒土星 三碧木星 四緑木星 五黄土星 六白金星 七赤金星 八白土星 九紫火星の九星に分類されています。この九星と地支を比較対照して、人の総体的な一切の運命を予測、判断します。
算命術 あまり占いに詳しくない方も、「天中殺」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?これは算命術によって導き出された運の低迷期を指します。算命術とは生年月日を十干十二支で表し、その人が持って生まれた宿命などを読み解くことで、運気や方向性を予測していくことのできる占い方法です。
守護霊 守護霊とは・・・ 私たち個人にそれぞれ付いていて、守ろうとする意思を持っている霊的な存在のことで、 私たちが災難にあわないように守ってくれていると考えられています。 生まれた時期や季節などによって決まった霊が付くという説や、 ご先祖様などその人に縁のある故人であるという説など諸説あります。
水晶 水晶占いとは、水晶玉を凝視しその中に映し出された物を感じ取り、悩みに答えたり、未来を読み取ったりする高度な占いのことです。見えないはずの遠距離の映像、過去や未来の映像、心の中の隠された映像を読み取る、あるいは完全ではない何かしらの記号や絵などから未来や運勢などを占います。
数秘術 数秘術とは、西洋占星術や易学等と並ぶ、歴史ある占術の一つです。基本原理として、数字にはすべて特別な意味があり、人を含む宇宙すべての物が、その数の法則によって秩序づけられている、というのです。身近な生年月日から導き出す方法の他にも、姓名からも運命数は導くことができるそうです。
姓名判断 姓名判断には二つの占い方法があります。一つは名前の音から占う方法、もう一つは、漢字の画数でみる方法です。音から占う方法は、「五十音法」といいます。「あいうえお」の五十音の音の響きには、それぞれ意味が込められていると考えられており、「木・火・土・金・水」の五行思想に割り振り鑑定します。
西洋占星術 西洋占星術は新聞や雑誌などで「12星座占い」として紹介されています。太陽の通り道を黄道といいますが、その通り道は、「12星座」で成り立っています。太陽は1年かかってこの12星座を一巡りしますが、その太陽がどの星座を通過していたかで「あなたは何座の人です」と判断するわけです。
前世 輪廻転生という言葉は今、あなたはあなたの肉体を持つ1人の人間として生きていますが、その魂は何度も生まれ変わって、今に至っているという考え方です。今のあなたの人生を起点にして、それ以前にあなたの魂が別の肉体をもって生きた人生を前世といいます。
東洋占星術 東洋占星術には様々な占術があり、まとめて東洋占星術といいます。東洋占星術は生年月日を元にその人の宿命や運命を見ることができます。占術としては生まれもった運や未来の運命、恋人との相性、結婚運がみられる四柱推命。紫微斗数は性格や行動の傾向がみられるので恋や仕事、商売がうまく進むように占うことができます。また算命学は守護神の位置を見ることができます。
透視 透視とは、目で見る「視覚」に頼らず外界の状況を視覚的に認識する能力・・・簡単に言うと裏返してあるカードの模様を言い当てたり、遠くにいる方の様子を知ることができたり、そんな能力のことです。レントゲンのように人体の内部を視ることのできる透視では、体の悪い部分がわかったりするそうです。
風水 風水とは土地や建物の方位や、周囲の環境などをみて、物の配置を変えたりする事によって「気」の流れを整え開運に導く方法です。風水というと、本もたくさん出ていますし、自分で試してはみたけど、なんだかパッとしないような・・それ、バランスが悪いのかもしれません!!
夢占い 縁起の良い夢、あるいは運気が上向いていくときの予兆となる夢。逆に、縁起の良くない夢。運気の下降やハプニング、災難などを暗示する夢。良い夢であれ、悪い夢であれ、現実では逆の結果の予兆となるもの。みたことがそのまま現実となる「正夢」や、未来をみる「予知夢」などがあります。