電話占いウラ話

占いの語源とは?

[電話占いウラ話] @2018/03/12

占いの語源ってご存じですか?

占いの「占(うら)」=「心(うら)」で

心は表に出ない裏のもの・・・

この心を読み取るのが「占い」なのですね。

占いが語源になっているものもたくさんあります。

たとえば・・・

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」。

八卦というのは、

「易」という占いで出てくる形象です。

東洋では陰陽の考え方があり、

この陰陽(-+)の組み合わせが8種類あります。

その8種類×8種類で64卦ができます。

つまり8卦×8卦、

八卦×八卦・・・なのですね。

ここから

「占いは当たることもあれば、当たらぬこともある。

 結果はそんなに気にしないで」

という意味につながっているのだとか。

この八卦が語源になっている言葉があります。

相撲の「はっけよい、のこった」

この「はっけよい」=「八卦良い」となり、

良い卦(占いの結果)が出たから、土俵に残って!

みたいな意味のようですよ。

四柱推命や九星気学などで

時間や方位を表すときに十二支を使います。

深夜0時→子(ね)の刻とし、

そこから2時間おきに

「丑(うし)の刻」、「寅(とら)の刻」・・・

という風に刻みました。

するとお昼12時は「午(うま)の刻」の中間です。

ここからお昼12時は「正午」といわれるのです。

そして正午の前が「午前」(午の前の時間帯なので)

正午の後ろが「午後」(午の後ろの時間帯なので)

となりました。

方位については

北→子(ね)

東→卯(う)

南→午(うま)

西→酉(とり)

となります。

鬼門と呼ばれる北東は

「丑(うし)」と「寅(とら)」になりますので、

「艮(うしとら)の鬼門」と呼びます。

逆の裏鬼門にあたる南西は

「未(ひつじ)」と「申(さる)」になり、

「坤(ひつじさる)の裏鬼門といいます。

良いものが入ってくる方位とされるのが

南東を表す「巽(たつみ)」と北西を表す「乾(いぬい)」。

「巽(たつみ)」→「辰(たつ)+巳(み)」

「乾(いぬい)」→「戌(いぬ)+亥(い)」。

ちなみに皇居には

南東に「巽門(たつみもん)」、

北西に「乾門(いぬいもん)」があります。

良いものが入ってくる門として作られたのですね!

昔から占いは、人々の生活に根付いたものだったのですね!

幸せな未来をつかみましょう!

病院選びに迷った時は?

[電話占いウラ話] @2018/03/11

「病院にかかっていても、なんだか良くならない・・・」

「評判の良い病院だけど、担当の先生とあわない気がする・・・」

「ちょっと待って!と思うことが何度もある・・・」

そういうことってありませんか?

どの病院を選ぶかで、病状や治り具合も変わってきます。

病院を選ぶとき、「通いやすい場所」といった条件も大切ですが、

病院との相性も実は大切なのです。

せっかく通うのなら、早くちゃんと治る病院を選びたいものです。

病院を選ぶときには、病院の口コミなどを集めるのも大切ですが、

実は、占ってみるのも一つの手。

「え~!?そんなこと、占いでできるの?」と思うなかれ、

実は占って病院を決めている人は多いのです。

占いでの病院選びのポイントはいくつかあります。

① 病院に行く時期がわかっていたら、その時に良い方位の病院を選ぶ

② 通いやすい病院をいくつかピックアップして、

 その中から相性の良い病院を選ぶ

③ 病院の波動を霊視してもらう

という方法があります。

どの方法が良いかは、その方の考え方や好みがありますので、

一概に「これ!」とはいえません。

どの方法でも選ぶことが可能ですので、

ぜひ参考になさってください。

そういう私も引越し直後に

「どの歯医者に行こうか」と悩んだことがありました。

占ってもらったところは初めての病院でしたが、

先生の言われたとおりの雰囲気!

ほとんど歯を削ることがなかったですし、

ホワイトニングもしてくれるなど、

予想以上に良い病院で、満足度100%!!

「病院選びに占いを利用する」・・・そんな方法もあるんですね。

幸せな未来をつかみましょう!

ペットの気持ちを知りたい時は?

[電話占いウラ話] @2018/03/10

ペットは今や家族の一員。

そんな大切なペットの気持ちを知りたい!

そんな方が増えています。

一般的に、ペットの気持ちを知るには

そのしぐさや鳴き声などから読み取っていきます。

友達の家で飼っている犬は

散歩して欲しくなると

しっぽを振りながらリードをくわえてやってきます。

「今、○○してもらいたい」

という時は、その行動によってある程度

気持ちが読めますよね。

ところがもっと奥深い深層心理を知りたい時は

どのようにしたらよいのでしょうか?

そのときこそ、占いを活用してみてはいかがでしょうか?

ペットの気持ちを読み取ることのできる占い師は

実は非常に多いのです。

占い方法としては

タロットや霊感タロットを使う占い師と

霊感や霊視などから気持ちを読み取る占い師の

大きく2種類に分かれます。

よりよく、深く読めるのは占い方法によってではなく、

占い師とお客様との相性によって変わってきます。

ハムスターや亀など、

しぐさから気持ちを読み取れない生き物でも

何を考えているのか、感じているのか、

飼い主に対してどう思っているのかを

読み取る事ができるのです。

さらに、既に亡くなってしまったペットの気持ちを

読み取ることのできる占い師も存在します。

ペットの気持ちを知り、理解することで

より深い絆を持つことができます。

ペットと一緒に過ごす時間は

思っている以上に短いものです。

だからこそ、濃密で有意義な時間にしたいものです。

そのために、まずは大切な家族の一員である

ぺっとの気持ちを知ってみてはいかがでしょうか?

幸せな未来をつかみましょう!