開運コラム

海が人を癒す理由とは?

[開運コラム] @2018/05/11 10:09

沖縄でも本格的な海開きが始まりましたね。

とはいえ、本州は6月下旬~7月にかけて

海開きするところが多いようですから、

シーズンはまだまだ先。

その前に梅雨もありますよね☆

今回は海、特に波と人間の関係についてです。

「波の音を聞くと、なんだか落ち着く・・・。」

そんな風に感じた経験はありませんか?

これ、実は真実なのです。

ん?なぜかって?

1日に打ち寄せる波の数は約26000回!

そして人間の一日の呼吸も約26000回!

ほぼ同じ数なんですよ!

ストレスがかかったり、疲れていたりするときは

どうしても呼吸が浅くなりがちです。

波のリズムを聞くことで、

自分の呼吸も本来の回数に戻っていく・・・

だから落ち着くのでしょう。

このほかにも波と人間の関係でおもしろいデータがあります。

海辺に打ち寄せる波の数は

1分間に約18回と言われています。

これを2倍にすると

 18×2 = 36

・・・これは人間の体温と同じ数字です。

さらに倍!

36×2 = 72 

・・・人間の脈拍

72×2 = 144 

・・・高めの人間の血圧

144×2 = 288 

・・・赤ちゃんがお腹の中にいる日数

赤ちゃんは受精後、出産までの間に

生物の進化をたどるともいいますし、

なんと言っても羊水の中にいるのも

海とリンクしている気がしませんか?

海と人間は切っても切り離せない深い関係なのですね!

海に入らなくても、

足を海につけるだけで

足から地球のエネルギーを吸収することができます♪

地球のエネルギーと

波の音で

スピリチュアルパワーをいっぱいもらいましょう!

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

「日めくりことだま」http://kotodama.cloud/

スピリチュアル・開運・引き寄せ法など

いろいろな情報を載せています。

『いいね!』お待ちしています!!

---------------------------------------------------

占い師コラムはこちら

  → http://esperant.net/ft_blog.php

スタッフブログはこちら

  → http://esperant.net/staff_blog.php

---------------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

九星別GWの開運行動とは?

[開運コラム] @2018/04/26 16:25

もうすぐゴールデンウィーク!

皆さんは計画を立てられましたか?

まだ!という方、早めの計画がオススメです。

ただし、この時期のガーデンニングはNG。

土を触るとゴタゴタが起きかねません。

まずは、九星別の開運行動をチェックしましょう。

平成20年、11年、2年、

昭和56年、47年、38年、29年、20年、11年、2年生まれの方は

一白水星となります。

趣味を楽しむと開運につながります。

オススメの場所は、神社・仏閣、劇場、競技場、

競馬場、見晴らしの良い場所などがオススメ。

平成19年、10年、元年、

昭和55年、46年、37年、28年、19年、10年、元年生まれの方は

二黒土星となります。

ショッピングが開運につながります。

オススメの場所は、プール、食堂街、

パーティー会場や歓楽地などがオススメ。

平成18年、9年、昭和63年、54年、

45年、36年、27年、18年、9年生まれの方は

三碧木星となります。

読書が開運につながります。

オススメの場所は、登山、高地、スキー場、

高所のホテルや土手などがオススメ。

平成17年、8年、昭和62年、53年、

44年、35年、26年、17年、8年生まれの方は

四緑木星となります。

スポーツが開運につながります。

オススメの場所は、温泉、暑い場所、

火山、美術館、劇場などがオススメ。

平成16年、7年、昭和61年、52年、

43年、34年、25年、16年、7年生まれの方は

五黄土星となります。

掃除が開運につながります。

オススメの場所は、海や湖、鍾乳洞、

水族館、富士山の風穴などがオススメ。

平成15年、6年、昭和60年、51年、

42年、33年、24年、15年、6年生まれの方は

六白金星となります。

調べ物が開運につながります。

オススメの場所は、田園、野原や草原

農村、湯治場、ひなびた温泉などがオススメ。

平成14年、5年、昭和59年、50年、

41年、32年、23年、14年、5年生まれの方は

七赤金星となります。

キャンプやバーベキューが開運につながります。

オススメの場所は、竹林や林、音楽会、

コンサートやレーシング場などがオススメ。

平成13年、4年、昭和58年、49年、

40年、31年、22年、13年、4年生まれの方は

八白土星となります。

旅行が開運につながります。

オススメの場所は、森林や木の多い場所、

公園、果樹園、空港などがオススメ。

平成12年、3年、昭和57年、48年、

39年、30年、21年、12年、3年生まれの方は

九紫火星となります。

同性の友人と出かけることが開運につながります。

オススメの場所は、原野や砂丘がオススメ。

有意義な休日をお過ごしください!v

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

占い師コラムやスタッフブログ、

電話占いウラ話や口コミレビュー、

その他最新情報はこちら!

  → http://esperant.net/

---------------------------------------------------

「日めくりことだま」http://kotodama.cloud/

スピリチュアル・開運・引き寄せ法など

いろいろな情報を載せています。

『いいね!』お待ちしています!!

---------------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

占いの語源とは?

[開運コラム] @2017/03/02

占いの語源ってご存じですか?

占いの「占(うら)」=「心(うら)」で

心は表に出ない裏のもの・・・

この心を読み取るのが「占い」なのですね。

占いが語源になっているものもたくさんあります。

たとえば・・・

「当たるも八卦、当たらぬも八卦」。

八卦というのは、

「易」という占いで出てくる形象です。

東洋では陰陽の考え方があり、

この陰陽(-+)の組み合わせが8種類あります。

その8種類×8種類で64卦ができます。

つまり8卦×8卦、

八卦×八卦・・・なのですね。

ここから

「占いは当たることもあれば、当たらぬこともある。

 結果はそんなに気にしないで」

という意味につながっているのだとか。

この八卦が語源になっている言葉があります。

相撲の「はっけよい、のこった」

この「はっけよい」=「八卦良い」となり、

良い卦(占いの結果)が出たから、土俵に残って!

みたいな意味のようですよ。

四柱推命や九星気学などで

時間や方位を表すときに十二支を使います。

深夜0時→子(ね)の刻とし、

そこから2時間おきに

「丑(うし)の刻」、「寅(とら)の刻」・・・

という風に刻みました。

するとお昼12時は「午(うま)の刻」の中間です。

ここからお昼12時は「正午」といわれるのです。

そして正午の前が「午前」(午の前の時間帯なので)

正午の後ろが「午後」(午の後ろの時間帯なので)

となりました。

方位については

北→子(ね)

東→卯(う)

南→午(うま)

西→酉(とり)

となります。

鬼門と呼ばれる北東は

「丑(うし)」と「寅(とら)」になりますので、

「艮(うしとら)の鬼門」と呼びます。

逆の裏鬼門にあたる南西は

「未(ひつじ)」と「申(さる)」になり、

「坤(ひつじさる)の裏鬼門といいます。

良いものが入ってくる方位とされるのが

南東を表す「巽(たつみ)」と北西を表す「乾(いぬい)」。

「巽(たつみ)」→「辰(たつ)+巳(み)」

「乾(いぬい)」→「戌(いぬ)+亥(い)」。

ちなみに皇居には

南東に「巽門(たつみもん)」、

北西に「乾門(いぬいもん)」があります。

良いものが入ってくる門として作られたのですね!

昔から占いは、人々の生活に根付いたものだったのですね!

幸せな未来をつかみましょう!