まゆあ先生のブログ

【『行ってみたい場所、憧れている場所』~孔子にまつわる旧跡を巡る旅】

[まゆあ先生のブログ] @2018/04/24 09:00

私は子供の頃から、中国の古い時代に興味があり、

『西遊記』や『三国志』『水滸伝』といった書籍を

夢中になって読んだ記憶があります。

 中国の時代劇も好きで、映画やドラマをよく観たりもします。

私自身の過去世の中に、

1800年代後半の清の時代に実際に生きていた記憶があり、

清の時代の風景を観ると、

魂の奥深い所から懐かしさが込み上げてきます。

その時代、

小さな食堂を営んでいた両親の下で男性として生きていたようで、

両親の作る料理の味が私の魂に刷り込まれていて、

日本人として生まれた現代でも、

小籠包や杏仁豆腐を食べると、

過去世の両親や故郷のことが思い出され涙が出てしまうことがあります。

今世の自分よりも自由ではなく生活が貧しい状態にあったにも関わらず、

その時代の私の人生は

今世の自分よりも、人生を幸福に感じていたようです。

落ち込んだ時に中華料理を食べると立ち直ることが出来るのですが、

過去世での両親からもらった深い愛情が

私の魂を支えてくれているようにも感じます。

中国という国は、私の魂の記憶の中では、

幸せな人生を歩むことが出来た思い出深い場所でありますが、

現代の中国には実は正直な所、

行きたいと思ったことは一度もありませんでした。

治安や衛生管理に関する悪い噂が影響しているからかもしれません。

でも最近、偶然インターネットで、

『孔子にまつわる旧跡を巡る旅』というタイトルの

写真付きの記事を読む機会があり、

「ここに行きたい!」と強く思うようになりました。

 日本では、学問の神様といえば菅原道真公ですが、

中国では受験生の方々が、孔子一族が住んでいた、

『三孔』(孔廟・孔府・孔林の三つを一緒に呼ぶ名称)という、

山東省の西南に位置し春秋戦国時代の魯の都であった場所に

訪れる風習があるようです。

過去に、

自ら命を絶ってしまう人の気持ちが痛いほど理解できるほど、

精神的に追い詰められていた時期がありました。

 何をやっても、誰に相談しても解決出来ず、

自殺してしまいたいほどの胸の苦しみを抱えながら、

ただひたすら、孔子様の説かれた『論語』をノートに毎日書き写す作業を、

誰かに言われたわけではないのに、何故かやっていました。

 寝ても覚めても苦しい心が、

ただひたすら書き写すという作業をすることで落ち着くことができ、

この作業を繰り返すことで時間はかかりましたが

立ち直ることが出来ました。

 どんなに苦しい人生であったとしても、

人間として生きることは魂にとって、とてつもなく貴重な経験であり、

とてつもなく大きなものをつかめるチャンスでもあるのだということを、

今の年齢に至るまで生き抜くことでやっと理解することが出来ました。

心から尊敬する孔子様にまつわる、

旧跡を巡る旅をいつか実現できたら嬉しいです。

 占い師名  まゆあ

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いスタッフの裏話あれこれ → スタッフブログ

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

日本の職人技に感動!

[まゆあ先生のブログ] @2018/03/14

最近、再放送で放映されていた

『ニッポンの技で世界を修理 世界!職人ワゴン』

という番組を偶然観ることが出来ました。

日本が誇るあらゆる分野のエキスパートが集合し、

各々の特性を活かし、海外で壊れたモノを

日本人の職人達が持つ技で直していく様子が描かれた番組です。

財政難のギリシャの地で、老朽化した老人ホームや

落書きだらけのボロボロの児童館や公園が、

職人達の手によって、ただの修復に留まらず、

素敵な状態に生まれ変わっていきました。

みごとな日本ならでわの職人技に

ギリシャ人の人達は驚いていましたが、

日本人である私自身も驚き、とても胸が打たれました。

テレビを通して、職人の方々の素晴らしい能力や知恵、

使う人に対する心遣いに触れ、

感動し思わず涙が出てしまいました。

歴史を振り返ると、蒸気機関の登場により第1次産業革命が起こり、

従来の人手に頼っていたあらゆる産業は

機械化・工業化を促しました。

それまでに存在した多くの作業が

これらの機械化によって代替され、失われていきました。

第2次産業革命では、電力の活用により

機械がさまざまな場所で使えるようになり、

第3次産業革命では、コンピュータの活用により

情報を扱うことが可能になり、人の知能に関連するような作業も

代替するようなことが可能になっています。

現代は、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、

ロボット技術などを軸とする「第4次産業革命」が始まっています。

産業革命による暮らしの便利さと引き換えに、

私達人間は何かとても大切なものを

失いかけているように思い、胸が痛くなります。

日本の職人さん達の素晴らしい技を目の当たりにしながら、

大切なことを学ばせて頂いた心境になりました。

ボタンを押すだけで何でも出来てしまう世の中ですが、

人間に備わっている、五本の指を活かす生き方を

決して忘れてはいけないと思う今日この頃です。

以上です。

占い師名 まゆあ

幸せな未来をつかみましょう!

------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いスタッフの裏話あれこれ → スタッフブログ

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

今こそ自分の在り方を見つめてみよう

[まゆあ先生のブログ] @2018/02/20 00:00

京都、北野天満宮の門柱に、

菅原道真 公が詠まれた歌が飾られています。

『 心だに誠の道にかなひなば祈らずとても神や守らん 』

(心が誠の道にかなっていれば、

祈らなくても神のご加護はあるだろう)

あなたの心の想い、心の持ち方さえ、

真実の道に叶っているのであれば、

たとえあなたが、守ってくださいと神に祈らなくても、

神があなたを守ってくださいます。

というような意味です。

この言葉が私にとっての『座右の銘』です。

この世には、人間の不安や恐怖、困難、

劣等感などの心理状態につけこんだ

『不安産業』というものが存在します。

近年、多くの企業はメディアを使い、

次々に新たな不安を煽ることで需要を生じさせ、

不安産業は増大の域を辿っています。

悲しい現実ですが、

宗教や政治も様々な不安を人々に煽ることで、

人間を自分達の支配下に追い込み、

私たちの財産や自由を奪っています。

江戸時代の多くの知識人たちは、

「正直でさえあれば、その人の心の中に自然に神が宿る」

とくり返し書き遺しています。

人は皆、それぞれの目的を持って、

先祖、両親、生きる環境を

自分で選んで生まれてきました。

そのDNAでその環境に育ったからこそ

培われる才能、魅力、悟りが存在します。

自分を卑下したり、自分の境遇を嘆く前に、

自分の「在り方」こそ

見つめ直す必要があると思います。

幸せな未来をつかみましょう!

------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いスタッフの裏話あれこれ → スタッフブログ

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時