オラクルカード

オラクルカードとは?

占い師の先生ができる占い方法の中に『オラクルカード』があります。

オラクルとは『神託』という意味で、簡単に言うと神様とか、ハイヤーセルフとかインナーチャイルドなどからのメッセージを受け取ることができるカードです。占い方法の中では簡単な部類ですし、最近はカードの種類も増えましたので、

直感的にピンときたものや絵柄が好きなものなど一つもっていると良いかもしれません。

オラクルカードには不思議な力が宿っています。私も何種類か持っていますが、ある時、仕事の質問をしました。 その質問に対するメッセージのカードが何度ひいても同じカードが出るのです!

私と種類は違いますが、オラクルカードを持っている友達に聞くと、

「気持ち悪いくらい同じカードがでる・・・」と言っていました。タロットなどとは違い、前向きなメッセージしか出てきませんので、ご安心を(笑)。

本当に的確で、とてもポジティブで、ピンポイントなアドバイスですよ!

人気のオラクルカード

なにかに悩んだ時、迷ったとき、新しい事を始める時…。

占いをする人も多いのではないでしょうか?

占いにもたくさんの種類がありますが、

その中でも女性に人気のある占いが『エンジェルカード』です。

別名オラクルカードとも言われていますが、

エンジェルカードとはその名の通り、天使からのメッセージです。

エンジェルカードが教えてくれることは、

今のあなたにとって必要な言葉やメッセージです。

エンジェルカードからのメッセージは

天使からの言葉を伝えてくれる物なので、

優しく暖かい前向きになれるメッセージです。

遠い未来のことというよりは

近い未来のことを占えるのも特徴の一つです。

エンジェルカードは、自分自身に問いかけながら、カードの導きを得るもの。

答えは、すべてご自身の中にあるのですから、難しい手順はいりません。

心を落ち着かせ、「無」の状態に持っていくこと。

心を「無」にし、自分自身に問いかけながらカードを引くことで、

最も今のご自身のためになるカードを導き出すことができるのです。

導き出されるカード、そのすべてが人生の幸福につながるメッセージ…

あなたに神様からのメッセージが・・・

人気の占いのといえば

『タロットカード占い』というくらい、

カード占いは浸透しています。

タロットカード以外にも

オラクルカードという占いカードも多種多様にあります。

カード系はどちらかというと

西洋でつくられたものが多いのですが、

今回はこのオラクルカードの中でも

日本とゆかりの深い

『日本の神様カード』について触れていきます。

日本の神様カードのルーツは

日本の最古の歴史書『古事記』にあります。

この『日本の神様カード』は

古事記や日本書紀に書かれた

神様48柱をそれぞれのカードにしています。

神様の名前を聞いたことがあっても

「どのような神様で、どのように接すればいいのか?」って

知っている人は意外と少ないのではないのでしょうか?

きちんとした目的もなく

ただ有名だからという理由で

訪ねる神社を決めていることはありませんか?

神様はいつも私達をサポートしたいと考えていらっしゃいますが、

それを受ける私達がしっかりとした心構えと体制をとっていないと

神様のサポートを受け取ることができません。

神様は近い存在なのに、

どう接すればいいのかがわからないがために

遠い存在に感じる事もあるでしょう。

どこにいらっしゃって、どのような神様が

どのようなメッセージを自分に伝えたいのか?

それをこの日本の神様カードを使って知る事ができるのです。

神様カードはカードを使う人としっかりとした絆があれば

ダイレクトにメッセージを伝えてきます。

日本人が大切にしてきた美徳や価値観は

古事記がつくられたころからも

変わらずに受け継がれているものです。

日本人が持っている知恵を

カードによって気づかせてくれるかもしれません。

もし『日本の神様カード』について興味を持ち始めたら、

きっとカードからのメッセージを受け取るタイミングがきている暗示です。

今ある悩みや迷い、

そこから抜け出すヒントを与えてくれるのが

このカードなのです。

神様から今のあなたにメッセージが届いています。

ぜひ、『日本の神様カード』を体験してみてください。

マナ・カードのメッセージ

マナ・カードとは「ハワイ」で生まれた44枚のカードです。

44枚のカードにはそれぞれハワイ語の名前と意味があり、

ハワイの植物や古代からの伝承や、神話の登場人物、

プエオやモオなどのアウマクア(守護動物)、

ハワイ独自の工芸品などのエッセンスを

象徴する絵が美しいイラストで描かれています。

またシンボルの一つ一つにはメッセージが隠されていて

1枚のカードから様々なインスピレーションを感じ取ることができ、

深い洞察が得られます。

また44枚の“4"という数字にも特別な意味が込められており、

古代のハワイでも神聖な数字として扱われてきました。

この4という数字はハワイでは基本となる数字で、

4を1つの単位として考え「k.una」と呼ばれていました。

ハワイ諸島も主に8つの島からなっていたり

ハワイを守る神もクー、ロノ、カネ、カナロアの4大神と

4の倍数からなっています。

マナ・カードも4の倍数の44枚からなっていて、

ハワイの神秘の力が込められている特別なカードなのです。

マナ・カードは単なる占いではなく

生命エネルギー“マナ"とつながり、

自分が最も必要としているメッセージを受け取ることができる

スピリチュアルなカードです。