姓名判断

姓名判断

姓名判断には二つの占い方法があります。

一つは名前の音から占う方法、もう一つは、漢字の画数でみる方法です。

音から占う方法は、「五十音法」といいます。「あいうえお」の五十音の音の響きには、それぞれ意味が込められていると考えられており、五十音を「木・火・土・金・水」の五行思想に割り振り鑑定します。基本性格や、その名前の響きがもつ運勢、例えば恋愛運や金運といったこともみることができます。

一方、画数から占う方法ではさらに細かく、初年期・中年期・晩年期といった年齢帯による運勢傾向までを見ることができます。

姓名判断といえばこちらが一般的な占い方法になりますが、この方法は旧漢字や新漢字、部首の数え方などルールがあり、より高度な鑑定力を必要とします。

芸能人に限らず、自分の欲しい運勢を得るために、

姓名判断で改名するという人も最近では増えてきているそうですよ。

姓名判断とは

いつもありがとうございます。エスペラントスタッフ向井です。

姓名判断とは、人の姓名の字画数からその人の性格、適職、恋愛の傾向、

結婚運・家庭運、かかりやすい病気・・・など運気などを見る占いです。

日本では伝統的に、人の姓名で使用する文字の画数から5つの格数を算出し、それらに与えられた伝統的・経験的な解釈に基づいて鑑定するものが主流を占めます。自分の持って生まれたもの、性格などをみるのにとても適しているので職場や、家庭内の人間関係、相性診断、相手の人と結婚した後の自分の運勢、

子供の名付けで候補のうちどちらがよいか悩んでいる場合など、みることが出来ます。不思議な話なのですが、生まれた日付から割り出すその方の運命・運勢がありますよね。すべての運勢が良いという人はいません。

良い運勢と悪い運勢の両方を持っていてバランスが取れています。

で、ここからが本題。実際に姓名判断の先生から聞いた話ですが、例えば、

家庭運が悪く生まれてきた方は家庭運が悪い名前がついている・・・

仕事運が悪い方は仕事運が悪い名前がつけられている・・・というように

悪い運勢をさらに悪くする名前がついている場合が多いそうです。

それって、まずいですよね!!!ですから、赤ちゃんに名前をつけるときは

生年月日から生まれ持った運気を読み取って、その悪い運気の部分を補う名前が良いそうです。

では画数がよければ良い名前なのか、というとそうでもないようですよ。

文字のバランスや文字自体が持つ意味なども深く関係します。

パソコンで画数だけで選ぶのはちょっと待つほうが良さそうです。

この辺りはやはりプロにおまかせする方がよいですね!!

姓名判断で違う運命になること

皆さんも一度はされた事があるのではないでしょうか?

今回は姓名判断についてです。

姓名判断とは

姓名の音や字画に組み合わせによって運命や吉凶を占うことをいいます。

基本は天格・地格・人格・外格・総格の五格で占います。

五格によって社会の運や家族運、相性や、健康などを占うことができます。

赤ちゃんを出産した際に姓名判断で画数を調べた方もいらっしゃるかと思いますが、姓名は生まれてすぐに親からさずかる運命です。

運気や本来の性格、才能、運勢の流れなど・・

幅広く人生の土台となります。

だからこそ赤ちゃんの命名はもちろん、改名や芸能人が芸名を決める際に

活用されています。

一画変わるだけで違う運命になるのなら

参考にして良い人生を歩みたいですね。