前世

あなたの前世は?

前世や生まれ変わりって本当にあるのでしょうか?

輪廻転生という言葉はご存知ですよね。今、あなたはあなたの肉体を持つ1人の人間として生きていますが、その魂は何度も生まれ変わって、今に至っているという考え方です。

今のあなたの人生を起点にして、それ以前にあなたの魂が別の肉体をもって生きた人生を前世といいます。前世の自分が死亡してから数年、数十年、数百年と、人によって生まれ変わりのペースは様々。転生の回数も人それぞれ違うようです。

前世の記憶がないから前世がない、というわけではなく、単に忘れているだけなのかもしれませんよ。前世の記憶を持つ年齢層を見てみると、言葉を話し始める3歳前後が最も多く、7〜8歳以降になると急激に減少します。

人は5歳頃までの経験を潜在意識に定着させて人格を形成していくと言われているのはご存知ですか?生れたてのピュアな頃とは違い、現世での経験や知識によって"自分"を作り上げます。これが潜在意識の奥底に沈んだ前世の記憶をブロックしてしまっているため、前世の自分のことを忘れてしまうと考えられています。

前世を知りたい場合、

・潜在意識の奥底に沈んだ前世の記憶を取戻す前世療法(ヒプノセラピー)を利用する

・前世を視ることができる方に視てもらう

・自分で瞑想をしたり、夢からヒントをもらったりする

などの方法があるそうですよ。

袖振り合うも多生の縁

少し前に流行りましたね「前前前世」wでは前世とは?

袖振り合うも多生の縁ということわざを知っている人も多いと思いますが、

これは、「道のいきすがりに、袖が振れ合うというような、偶然でほんのささやかな出会いであっても、それは前世からの深い緑で起こるもの。人との絆を大切にしましょう」という意味です。

人の体は朽ちても、魂は何度でも新しい肉体を持って生まれ変わると言われています。自分の魂が過去、違う体で生きていた頃・・・それを前世といいます。

今世で関係のある人は、何かしら前世からの繋がりがあるといいます。

ただし関係性は様々。前世では恋人だった人が現世では親子だったり、

敵同士だった人が友人だったり、師弟関係が現世では逆だったり・・・。

私のお友達は前世鑑定で今の旦那さんとは前世「男同士の親友」だったそうで

す。実際、男同士のような関係なのだそうで、すごく納得がいったと言っていました(笑)年齢も性別も違うのに巡り会ってしまう・・・

それは、魂が抱き続ける記憶の流れ、「カルマ」が影響しているのだそうです。

カルマと聞くと"前世の悪行を現世で背負う"という意味に捉えがちですが、

実はそうではなく、カルマには善悪の別によらず、"生まれ変わりを繰り返し

て魂を成長させていく"という目的があると言われているのです。

これもある御夫婦のお話。姉さん女房のその御夫婦は旦那様が奥様にたいしてとても寛容で、奥様のやりたいことを否定することは絶対しないそうです。

もちろん奥様もそんな旦那様をとても愛しています。

ある日、占い好きの奥様が前世鑑定をしてもらったところ、実は前世でも男女

は逆ですが、夫婦だったとか。

前世では旦那だった自分は足に大きなケガをして自由に動けなかったのだそうです。それを前世の奥様はとても気にしていたそうです。そして前世の自分も、

そんな自分を支えてくれている奥様にとても感謝していたのだとか・・・。

なので生まれ変わって、元気に動き回っている相方をみていることが、今の旦那様にはとても幸せなことで、奥様もそんな旦那様の身の回りの料理や洗濯といった家事を一生懸命することが幸せなのだそうです。

お互いを思う優しい気持ちが現世で巡りあって、お互いに埋めてあげられなか

った部分を補い合っている・・・。とっても素敵な縁ですね。

さて、今自分のそばにいる人とは、どんな縁で結ばれているのでしょうか・・・。

前世の縁

皆さんは前世って信じますか?

気になったことはありませんか?

私は最近非常に前世の繋がりというものを意識し始めました。

それというのも、1人の友人をきっかけに、共通の友人も巻き込んで

本来ならば繋がるはずのなかった方々(大勢)と不思議な『ご縁』で繋がる、

という体験をしたからです。

こんなにも大人数だと、前世で一緒に戦った人たち?

なのではないかと思うほど(笑

そんな大きな『縁』をくれた友人もきっと

前世からのなにかの『縁』で繋がっているのではないかと思ってしまいます。

こんな不思議な、奇跡の様な体験ってしたことがありませんか?

例えば無性に惹かれる方がいて、その方と結ばれたとか。

もしかしたらそれは前世の『縁』なのかもしれませんよ!

そもそも前世って何でしょう?

前の世の自分、といった漠然としたイメージは皆さんお持ちかと思います。

では、その前の世の自分が今の世の自分ににどう繋がってくるのか・・・

『輪廻転生-りんねてんしょう-』って言葉を聞いた事ありませんか?

輪廻転生とは命を落としてあの世に還った魂(霊魂)が、

この世にまた生まれ変わってくることを言います。

こうして生まれ変わった今の世で、前の世でご縁の

あった方々にめて出会う、と言う訳ですね。

前世で、夫婦、兄姉、親友など近しい関係は今世でも

継続して引き継いでいることが多い様です。

今の家族はもしかすると前世でも家族だったのかもしれません。

もちろん、全て良い関係だった方ばかりの『縁』が

結ばれる訳ではありません。

敵であったり、ライバルであったり、場合によっては自分を殺した

相手と繋がる『縁』もあるでしょう。

家族仲が上手くいかない、どうしても隔たりがあるといった場合には、

その原因が前世にあることもあります。

前世は1つではありません。

『輪廻転生』は繰り返されています。

その繰り返される魂、そして『縁』に現在の自分のルーツ

が隠されているのかもしれません。

この輪廻転生に似た考え方は、世界中に存在しています。

そして、日本の故事・ことわざにも

袖振り合うも多生の縁 というものがあります。

意味は、知らない人とたまたま道で袖が触れ合うような

ちょっとしたことも、前世からの深い因縁であるということ。

これは、人との縁はすべて単なる偶然ではなく、

深い因縁によって起こるものだから、

どんな出会いも大切にしなければならないという

仏教的な教えに基づきます。

「多生」とは、六道を輪廻して何度も生まれ変わるという意味で、

「多生の縁」は、前世で結ばれた因縁のことです。

日本でも、人の縁は前世からのものであると

昔から信じられていたようです。

現在の自分を、状況を変えるために前世を知る事も一つの手段です。

エスペラントにも前世を観ることができる先生がいらっしゃいます。

この機会に是非、鑑定に入られてみてはいかがでしょうか。