知っておきたい!「電話占い」で西洋・東洋占星術の違いとは?

人間関係に悩んでしまった場合にぜひとも活用してもらいたい「電話占い」ですが、占いは大きく「西洋占星術」と「東洋占星術」に分類することができます。

それぞれ特性があり占い方法も異なるわけですが、悩みの内容によってどちらがベストかを選ぶのが望ましいとされています。では、両者の違いを詳しく見てみましょう。

西洋占星術とは?

西洋占星術とは?

まずは「西洋占星術」とはどのような方法なのか見てみましょう。

主にホロスコープ(星座占いの際に用いる円盤状のもの)占星術で占うのが特徴で、生年月日、誕生時刻、出生場所などの情報を元に診断をします。

また、西洋占星術が発達する過程において、万物を生成する要素は下記のような「火、地、風、水」の4つであると考えられており、それぞれの星座を当てはめて占います。

  • 火…おひつじ座、しし座、いて座
  • 地…おうし座、おとめ座、やぎ座
  • 風…ふたご座、てんびん座、みずがめ座
  • 水…かに座、さそり座、うお座

細かい分析に優れているので、毎日の運勢、他者の気持ち、人間関係の改善などに悩む方におすすめなのがこちらの「西洋占星術」になります。

東洋占星術とは?

次に「東洋占星術」について見てみましょう。

古代から発展してきた占星術が中国をはじめ東アジアを中心に発展を遂げていったものが「東洋占星術」です。「四柱推命」や「九星気学」などもその一種になります。

西洋占星術との最も大きな違いは「陰陽五行説」を元にしているという点で、万物は「木、火、土、金、水」の5つの要素によって形成されている…という考え方になります。また、それぞれが持って生まれた宿命などを見ることが得意ですので、

  • 自分自身(あるいは他者)の基本的な性格分析
  • 吉凶占い
  • 相性占い
  • 全体的な運勢(あるいは一定期間の運勢)を知りたい時
  • 宿命を知りたい時

上記のような状況下で力を発揮してくれます。

西洋占星術と東洋占星術、どちらを選べば良い?

西洋占星術と東洋占星術、どちらを選べば良い?

西洋占星術と東洋占星術は、どちらが優れているとか優劣をつけることはできませんが、それぞれの特徴とそれぞれの占いに向いているのはどのようなタイプかを記しておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

西洋占星術

運命(宿命)は基本的に変動していくものだから、自分の努力次第でどうにでもなるという前向きな考え方が特徴。個人の運命(宿命)そのものに白黒をつけるわけではなく「幸せになるには今日からこうしよう」などの細かい分析もできるので、近未来について占いたい方におすすめです。

東洋占星術

基本的な運命(宿命)は変えることができないので、それを知ることによって今後の人生をより良く動かしていくことが目的。はっきりとした診断結果が出るので、「白黒はっきりとした結果が欲しい」という方におすすめです。

このように、西洋占星術と東洋占星術にはそれぞれ特徴があり、向いている層も異なっています。どちらも、長い歴史の中で発展、残留してきた非常に価値のある占い方法です。

自分の知りたいことが何なのかによって、両者を使い分けるといいかもしれません。仕事・恋愛・家庭・子どものことなど、人間関係の悩みを解決に導きたい方は、電話占いのエスペラントをご利用ください。

人間関係の悩みをどうにかしたい方は電話占いを行うエスペラントへ

サイト名 エスペラント
運営責任者 鈴木 沙貴代
住所 〒921-8035 石川県金沢市泉が丘2丁目11−55
連絡先 076-272-1131
フリーダイヤル 0120-29-8868
E-mail info@esperant.net
URL https://esperant.net/
料金 1分 230円(基本料金2,300円)
代金後払い
代金以外の付帯的費用 コンビニ払い・銀行振込・郵便振替の場合は、振込手数料
支払い時期と方法
  • コンビニ払いの場合⇒振込用紙到着後 3日以内
  • 銀行振込⇒ご利用後 3日以内
  • 郵便振替⇒ご利用後 3日以内
  • クレジット ⇒利用確認後