まゆあ先生のブログ

まゆあ先生のブログ

『 感動したこと 』

[まゆあ先生のブログ] @2020/06/29 09:00

「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、以前映画で観たことがあるような光景が目の前の現実として繰り広げられている様子を目の当たりにしながら、この先一体どうなっていくのだろうという不安が頭の中を過ります。

私の中ではこの度問題になっているウイルスにあまり危険性を感じなかったため、3月くらいには収束されるだろうと予測していましたが、私の予測は大幅に外れ、事態は月を追う事に悪化し、緊急事態宣言まで発令され、これまで経験したことがない自粛ムードが社会前に広がっていきました。

でも、どんなに世論がこのウイルスの危険性を訴えたとしても、私の中では、何故か「それは違う!」と反発する感情がわき上がってしまいます。そしてウイルスよりも、この騒動でもたらされる社会情勢の影響や洗脳の方がとても恐怖に感じてしまっています。

私は元々喘息の持病を持っており、突然予告なしに咳き込んでしまうことがあり、咳やくしゃみに敏感になっている方が多い中、外出先で咳き込んでしまったらどうしようといつも不安を抱えながらびくびくしながら外出しています。

思考は現実化すると言われますが、ある日抱えていた不安が現実となり、外出先で咳き込んでしまい、本当に焦りました。急いで人気のないところに退去したのですが、咳が一向に治まらず、苦しんでいた時、知らない方が近付いてきて「大丈夫ですか?」と気遣ってくださいました。人によっては、危機管理が足りないと人の親切に対して指摘をされる方もおられるかもしれませんが、とても苦しんでいた時、今日のような緊迫した空気が立ち込めている状況にも関わらず、心配して温かく気遣って頂いたその行為に、何とお礼を申し上げて良いか分からないほど感謝の気持ちでいっぱいになりました。

改めて人の優しさがどんなにありがたいことかということが身に染みたと同時に、自分が今日まで生きてこられたのは、優しい人達のおかげであったということを振りかえさせられた出来事でした。

現在、世の中は不穏な空気に包まれていますが、占星術的に視るとそう悲観しなくてもよさそうな傾向が伺えます。

日食や月食は基本的に『ドラゴンヘッド』、『ドラゴンテイル』の時に生じるという法則がありますが、今月起きた日食は、『ドラゴンヘッド』(ノースノード)で起きています。

『ドラゴンヘッド』は過去世で積んだ良いカルマの恩恵を意味しますので、この度の日食を通して良いカルマの恩恵を受け取れるよう導かれるはずです。

また、この度の日食は蟹座の0度で起きていますので、ご自分のホロスコープの蟹座0度があるハウスのテーマに特に影響が起きます。日食は、今までのやり方を終了させたり、変化やチャレンジを促しますが、これから約半年間は、その変化やチャレンジによって、嬉しい恩恵がもたらされますので、前向きに行動されることをおすすめします。

 この数年、辛い出来事が多かった方は、本当の意味での幸せを掴むために、負のカルマを清算されていたと解釈されてください。高い次元に持っていけないエネルギーを手放すために、カルマの清算や気付きを促されていたのです。

 「どんな天才でも一人の力では世界を変えることはできない』という映画の台詞がありましたが、良い意味でも悪い意味でも、誰かが優れた能力を使って何かしようとしても、この世は多くの人達の集合意識によって動かされています。だから支配したい人達はマスメディアや教育を使って人々の意識を操作しようとするのです。

 人間の意識の力はとても凄く、意識の力はどんな毒をも無害にすることが出来ます。その逆もあります。

 不安や恐れは手放して、自分の心地よさや喜びの感覚を大切に日々をお過ごしください。

 この世に生きる一人一人の喜びや幸せの波動が、地球全体に広がり、この世がより良いものになっていかれるはずです。

  占い師名 まゆあ

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

(ここにお知らせ入ります)

------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

2択で迷った時 

[まゆあ先生のブログ] @2020/05/27 08:00

「どんな時も自分を救ってくれる魔法は、理性の目です」

この言葉は、スピリチュアルカウンセラーの江原啓之さんが自身のラジオ番組で語っていた言葉です。

私が2択で迷った時には必ずこの言葉を思い出すようにしています。

人は焦っていたり、恐怖感や不安を抱いていると、間違った選択を選んでしまいがちです。

迷った時はまず深く深呼吸をして心を落ち着かせ、理性で考え、心の目(良心)で選ぶように心がけています。

人間の運命について考える時、思い出す映画があります。

15世紀中期、国家を揺るがせた実在のクーデター「癸酉靖難」を題材に、朝鮮王朝史上最も凄惨な覇権争いを映画化した『観相師』という作品です。

観相師とは人相を見ることによって、その人の性格や過去から未来までの人生を言い当てる達人のことを指しますが、病弱な王が自分の死後、幼い我が子を造反者から守る目的として、天才的な能力を持った観相師を採用しストーリーが展開していきます。

未来を見透す「天才観相師」と、時代の流れを読む能力に優れた「天才策士」(実在の人物ハンミョンフェ)という、立場の違う二人の天才と言われる登場人物の才能のバトルはこの映画の見所と言えます。

史実の中に架空の人物である観相師を登場させ、人類のテーマともいえる、予言者が視た未来は、どんなことをしても変えることが出来ないのか、それとも未来を占うことは幻想なのかということを問いかけられた映画でした。

映画の終盤に語られた天才観相師の言葉は、私が占い師をしていく上での教訓の言葉になっています。

「 私は人の顔ばかりを見て、時代を読めなかった。

 変わりゆく波を見て、風を見なかった。

 波を起こすのは風なのに  」

天才ニコラ・テスラは「宇宙の秘密を見つけたければ、エネルギー、周波数、振動について考えよ」と述べています。

この世に存在する全ての万物は人も含め、全て素粒子で出来ています。

物質を構成する最小単位とされる素粒子は、エネルギー(波)でもあり、物質(粒)でもあります。

その素粒子に意識が介在すると、必ず現象が起こるという仕組みになっているのです。

自分が発した波の周波数と同じ周波数が共鳴した時、その周波数に応じた現象が生まれます。

「自分の意識が現実の世界を創っている」という言葉通り、自分が持っていない周波数の出来事は決して起こることはなく、全て自分の内側に抱えているものが投影され出来事として繰り広げられています。

 人間の人生には無限の可能性があり、未来は多くの道に分かれていますが、どの道を選択しても必ずそれなりの見返りがあるものです。

良い悪い、正しい、間違っているという概念は本当は存在しないのです。

現実は恩恵でその人にとって必要なことしか起こらないようになっています。

理想と比較して出来事を解釈するから不幸と感じてしまうのです。

量子力学的に人の人生を考察した時、過去も未来も存在せず、今この瞬間のみが存在しているのだそうです。

余計な雑念は手放して、今この瞬間、瞬間にのみ意識を集中させ、この瞬間を大切に生きていくことが大切なのだということに気付かされた今日この頃です。

以上です。

占い師名 まゆあ

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

6月のまゆあ先生の鑑定日は、受付にお問い合わせください。

------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

ホッとする瞬間・ホッとするスポット

[まゆあ先生のブログ] @2020/05/07 08:00

 

 子供の頃、何故か狭い押し入れの中が好きでした。 

 狭くて暗い押し入れの中で懐中電灯の明かりを灯し、本を読んだりボーと考え事をしたり、身体を丸めてお昼寝をしたりなど、押し入れの中は子供の頃の私にとってホッとできる小さなスポットでした。

 大人になってからはネットカフェがホッとできるスポットになりました。

 心が疲れた時は、朝から夕方までずっとネットカフェの小さな個室の中で過ごすことがあります。

 仕切り板と扉で個室化された狭い空間の中にいると何故かとてもホッとすることができます。

 また、布団の中や狭いバスタブの中で、胎児のように身体を丸めていると、ホッとした気持ちになるのですが、もしかしたら、母の子宮の中に帰りたいという思いが残っているからかもしれません。

 リキッド・モダニティ(液状化社会)などを主要テーマとした、ポーランド人の社会学者であるジグムント・バウマンが、遺作『退行時代を生きる』の中で、子宮への回帰を欲望する現代人を取り上げています。

 現代のような進化したITがあたりまえのように生活に溶け込み、ヴァーチャルとリアルが入り乱れた世界の中で生きていると、身体経験が欠如し、人は現実の知覚を失い、何をしても「生」の実感を得られず、どのように生きていったらよいのかが分からなくなったり、生きる目的を失くし、「消えてしまいたい」 「できることなら子宮に戻りたい」と願う者が増えていくのだそうです。

 ジグムント・バウマンは、人間は、身体が感じる知覚、主観経験から「生」の実感が生まれると述べ、現代のような身動き取れない社会を生き抜くには、対話が必要だと主張しています。

 「対話はとても身体的な経験だ。まなざし合い、両者のペースを測り合って、言葉(声)や身振りを交えながら意見を交わす。そして両者の存在が編み込まれていく。結果たとえ分かり合えなかったとしても、その経験は自己のアイデンティティーの一端を担ってくれる。」

 価値観、生活習慣、文化など、様々な違いを持った私たち人間が、対話を通して『分かり合えなさを分かり合う』といった経験をすることがいかに大切で必要なことなのかということをジグムント・バウマンは訴えています。

 今年2020年の特徴は、月の本拠地ともいえる『蟹座』で新月が2回起こるということです。このことから宇宙が私たちに何をもたらそうとしているのかかが伺えます。

 蟹座は水の元素で、「共感」 「心理的同調」 「思いやり」 「ファミリー」を表します。

 1回目の蟹座新月は6月21日の夏至と重なり、なんと日食が起きます。

 この日の新月には、家族や仲間と心を通い合わせ、愛ある家族や幸せな環境を作るエネルギーが降り注がれます。

 2回目の蟹座新月は、7月21日で、この日の新月には、先祖や両親から受け継いでいる資質や適性にスイッチが押されるようなエネルギーが降り注がれます。

 ご自分の魂が選ばれた家系の代々受け継がれてきた資質を使って、自分が豊かになっていくことを後押ししてくれるエネルギーです。

 2020年は、地球全域に通用するような意味での共感力、積極的な愛情、同じ楽しみの追求がテーマになっています。

 これまで孤独を感じてこられた方も、自分の周りには目に見えない多くの助けがあり、そして仲間がいることに気付かさせられるはずです。そして、根底に根付いていた警戒心がほどかれていくでしょう。

 形のないものの中にある、大きな調和の音を聴き取り、自分以外のものと共感し、地球に生きている一人一人がその仲介者になって、調和と協力のハーモニーを奏でていくそんな一年になっていかれると思います。

 以上です。

 占い師名  まゆあ

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

まゆあ先生の5月の鑑定日は受付にお問い合わせください。

------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時