蓮伽先生のブログ

蓮伽先生のブログ

霊現象と霊作用

[蓮伽先生のブログ] @2019/04/12 09:00

言葉は聞いたコトあってもね…

耳慣れない、このふたつの言葉、一体どんなモノなのかしら?

そして、どんな時に起こるのか、一緒に考えてみましょう。

まず、フッとあなたの心に送られる

インスピレーションの数々を思い出してみて下さい。

霊は絶えず信号を送ってくれていますが、

いくら素直な気持ちでいても、

そのすべてに気づくことはとても難しいですね。

では、こんな場合はどうでしょう?

私達の毎日の中でも、

緊急に連絡したい事が持ち上がったり、

どうしても相手に逢って伝えたい事態が

起きることがありますよね。

霊の側にも、時としてこれと同じ様な場合があるとしたら

一体霊はどうすると思いますか?

もしあなたが霊だったら、と考えてみてください。

体も無く言葉も発せないけど、

どうしても生きている誰かに伝えたいことがあるとしたら…

今回のテーマ「霊現象と霊作用」はそんな霊達が、

必死で送るメッセージ、見えない世界から私たちに

送られるとても不思議な伝達方法のひとつなんです。

「ベランダ越しに、叔母の姿が!」

下の子供がまだ1歳になって間がない頃のことです。

四日市市に住む私の叔母が、癌で入院していたので、

子供たちを連れて病院に見舞いに行ったんです。

見舞いを済ませ家に帰った夜、

いつものように居間でくつろいでいたのですが、

どうも下の子供の様子がおかしいのです。

子供は北から南を向いて座っていたのですが、

何かに脅えている感じで私にしがみついて離れようとしません。

その様子を不思議に思い、私も子供の目線に合わせ、

その方向に目をやると、なんとベランダに出るサッシの向こうに、

今日たった数時間前に別れたばかりの叔母が、

白い着物を着て立っているではありませんか!

子供の目にも、その異様な感じで現われた

叔母の姿が映ったのでしょう。

相変わらず私の体にしがみついたまま

ジッとそちらの方を見ています。

しばらくして、その姿は消え、

いつもベランダの風景に戻りましたが、

その時の光景は未だに脳裏を離れません。

でも、驚いたのはその後でした。

電話がなり急いで受話器を取ると、実家の兄からで

「四日市の叔母さんが亡くなった…」との連絡。

私はしばらくの間、声になりませんでしたが、

兄の話では、亡くなったのは小一時間程前。

家のベランダ越しに叔母の姿を見た

ほんの少し前だったのです!とすれば、

私達が見た叔母の姿は、

叔母が息を引き取ったすぐ後ということになります。

叔母は、その日見舞いに行った私達のことを思って、

私に自分が亡くなったことを報せに

来てくれたのだと思っています。

口が開かなくなっちゃった!

時々、家の中でパシッという音が突然することがあります。

築年数を考えても、もう生木の裂ける時期で無いことや、

何となく変わった音でラップ音と言うのですか?

最初は気味の悪い音だなぁという感じでした。

それに今はほとんど無くなりましたが、

以前よく金縛り状態になったことがあって、

決まって意識はハッキリとした寝入りばななので、

覚えているのですが

「あっ!来た、私の所に来ないで!」といつも思いながら、

心の中でお経を唱える様にしていました。

たいていはこれでしばらくすると、体の緊張が解けるのですが、

あの夜だけはちょっと変わっていました。

なぜかというと、お経を唱えるにも声が出ないのは

いつもの事でしたが、その日は唇が無理矢理閉じられているようで、

まったく自由が効かない状態だったのです。

怖いという感覚は、あまり無かったのですが、

妙に不思議な体験でした。

もう一つ最近の出来事で気付いたのですが、

その日朝はいつになくゆっくり眠っていたんです。

「ああ・・・もう起きなくちゃ」頭の中で思いながら、

布団のぐずぐずしていた時、

しばらく聞こえなかったパシッという大きな音が聞こえて、

目を覚ましました。

仕方なく起き上がり着替えを済ませたところへ、

玄関のチャイムがピンポーン。

その前日、不在で受け取れなかった宅配便が10時前に届くなんて…。でもあの不思議な音のお陰で

その日はとんだ恥をかかなくて済んだと思うと、

ちょっとありがたい気分だったのを覚えています。

上の二つの体験を伺い、少しホッとしました。

誰でもこのような体験をすると、怖さが先に立って、

つい霊に対して背を向けてしまいがちなのに、

このお二人の場合、

まず自分なりにその体験を受け止めていらっしゃるからです。

ただ、ベランダに立った叔母さんや、

不思議な音の意味するもの、そして金縛りについては、

なぜこういった現象が起きるのかについて、

もう少し掘り下げて考えてみましょう。

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

あなたと霊の関係

[蓮伽先生のブログ] @2019/02/25 09:00

あなたが鏡の前に立った時、

鏡に写ったあなたはどんな動きをするのでしょうか?

答えは簡単、鏡の中のあなたはとても従順。

あなたがニッコリすればニッコリ、

ムスッとした顔で向かえばムスッとした顔で答えますよね。

あなたと霊の関係は、この鏡を挟んだ

こちら側とあちら側のようなものかもしれません。

ただ、現実の鏡と大きく違うところは、

鏡の中のあなたの方が、現実のあなたを

いつも見つめていたい!と思っているところです。

Aの場合

霊に対して思いを寄せる心や、語りかける気持ちは、

意外なほど簡単に霊に伝わるようです。

だって霊はいつでもあなたの心を見つめているから、

あなたの気持ちの動きにはとても敏感。

周囲を取り巻く危険からあなたをガードしたり

「お祖母ちゃんどうしたらイイ?」

「ありがとう!」にインスピレーションで

応えてくださっているはずですよ。

Bの場合

霊に対して無関心でも、霊はあなたが

自分の方を見つめてくれる事を望んでいます。

でも、その願いが叶えられない時、

霊は後ろ向きで顔を伏せている事が多い様です。

自分を認めて貰えない寂しさは言うに及ばず、

あなたに報せたい事があっても、伝える事が出来ず、

どうすればあなたに気付いて貰えるのか、

悲しい気持ちでその時を待ってはいるのですが…

霊とあなたを結ぶ、心のトランシーバー 使ってみよう!

とりあえず、一番近い霊の存在として、

あなたの先祖に心を寄せてみましょう。

霊のトランシーバーは、いつでも使用可能、

スイッチONで待機しています。

静かに流れるBGMか、ラジオ放送のように

実はいつでも流れています。

でも、それを受け止めるはずの

心のトランシーバーが眠ったままになってはいませんか?

スイッチを入れ、チャンネルを合わせる事が

出来るのはあなた自身ですよ。

とは言っても、一体どうすれば

受け止める事が出来るのでしょう。

まず、先祖がまだ生きていた時の事を知ることが始めの一歩!

1.どんな生き方をした人で、どんな人生だったか

2.どんな性格で、そのため、どんな人間関係を作った人だったか

3.物の見方、考え方はどうだったか

結果はともあれ、人生を生ききった先輩として、

あなたの先祖を素直な気持ちで受け入れてみましょう。

良い事も悪い事も、ひっくるめてあなたの人生に

活かす気持ちを持つ事が、実は一番大切なことで、

ご先祖にチャンネルを合わせる作業につながります。

後は、あなたからの初発信。直接返事が聞けなくても、

受け止める気持ちを持つ事によって、あなたの心にフッと、

あるいは何となく、という形で応えてくれるはずですよ。

今何故望まれる?霊との交流!

これまでにもお伝えしましたが、

先祖霊は子孫を守る気持ちがとても強く

それは霊自身の役目でもあります。

ところが、上のBの場合のように、

その気持ちがどうしても子孫に届かないとき、

霊は時として、あなたの周りや心身に直接

影響をもたらせる形で伝達する場合があるからです。

それは心霊の世界では霊現象、霊作用の言葉で表現しますが、

次号はこれについて考えてみましょう。

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

霊からのメッセージを受け止めてみよう

[蓮伽先生のブログ] @2018/10/10/10:00

見えないからって、あきらめナイデ!霊はいつでも交信OK!

あなたの心のチャンネルをちょっぴり合わせてみませんか?

霊のメッセージを受け止める為に・・

こんな経験ありませんか?

「今日はなんとなく、外出したくなくって・・」と思って家にいたら、緊急の連絡が入って・・とか。

「いつもの道を通るつもりが、つい遠回りしちゃって・・」なんて話してたら、その日いつもの道で事故があった!なんてコト。

「最近夢の中に時々、亡くなったお祖母ちゃんが登場するナ」と思ってたら、そういえば命日が近かったんだ・・とか。

「日頃忘れてしまっていた友達の顔が、フッと頭に浮かんで」と思ったとたん、懐かしい声で電話がかかってきた、とか。

気が付いてみると、何となくそうなってた・・・と言う声が一度や二度はありませんでしたか?

そんな気持ちにフッとなったら、どうぞ、そのインスピレーションを大切にしてください。

だって、それらには霊からの大切なメッセージが、含まれているかもしれませんよ。現実に、鑑定で見られた霊と私達の交信の様子をご紹介していきます。

◆ひいお祖母ちゃん、呼び掛けに即参上!

"よしよし、分かったぜぇも、わしが見とったるわなも"

未熟児で生まれた女の子は、今年小学校。ただ、小さく産まれたハンディか時々熱を、決まって高熱が続きグッタリして若いお母さんをハラハラさせます。その為か、最近お母さんの方がノイローゼぎみで体調が思わしくなく、ご自分の健康管理と子供さんの姿勢矯正に、整体を利用されていたある日。

玄関から入っていらっしゃった瞬間、蓮伽先生が「あら、今日はお祖母ちゃん?がついていらっしゃったみたいよ。」と一言。その言葉にお母さんがビックリ!先生との会話からそのお祖母ちゃんは、よく可愛がって貰った実家の曾祖母にあたる人と分かりましたが、驚いたのには理由がありました。若いお母さんが言われるには「私、三日前から実は、このお祖母ちゃんに朝と晩手を合わせて、子供の事を守って欲しいってお願いしていたんです、でも家には仏壇もないし、まして実家のひい祖母ちゃんだから、位碑無いけど、とにかく堪らなくなって心の中で手を合わせたんですよ、そういえば今朝もしっかりお願いしたんだっけ」と。

※お母さんの呼び掛けに即、応えてくれたひい祖母ちゃん、曾孫であるお母さんに自分の事を伝えられたお礼にか、帰りには丁寧にお辞儀をして出て行かれました。

後日談:整体の翌日、早速家族揃ってお墓参りに出かけました。と連絡をいただきました。

◆お人形が歩いた!

"お祖母ちゃんに作ってもらった人形が歩いてる!"

「夢を見たんです、とても不思議な夢だったから、気になってしまって、」と・・。

夢に出てきたのは、昔々、私が子供だった頃、実家のお祖母ちゃんが、孫簿中でも女の子だけにお揃いで作ってくれた市松人形なんです。それぞれに違った柄の着物をこさえた物で、それもお祖母ちゃんの手縫いの味が出ているというか、結婚したときも持ってきて、そのお人形が夢の中で、台所をとぼとぼ歩いてたんです。

電話で連絡を頂いた時、不安そうな声で、ポツポツ話される様子は「今年は出さなかったのが、良くなかったのかなぁ・・」

「それが気になっていて、こんな変な夢を見ただけなのかしら・・」

「それとも何か・・・・。」と不安な思いで一杯、という感じでした。

ところが、この夢にはとっても深ーい意味がありました。日頃から何事にも真剣に心を悩ますKさんは、ともするとそれが嵩じて体調を崩すこともしばしば。実家のお祖母ちゃんは、そんな孫の心を案じて、「困った時は一人ぼっちと思わないで、語りかけて欲しい、わしは死んでしまったけど、いつも心配している事を知ってほしい。」

このお祖母ちゃんは嫁いだ孫と自分をつなぐ唯一の形代である人形を、自分からのメッセージの証にと託されたのでしょう。困った時、人形をお祖母ちゃんと思って語りかける事によって、Kさんが何かの形で解決策に気付く事ができるよう、執せて行きたい、という思いを伝え、そしてもう一点、火の心配を伝えられました。Kさんは暫くの間、火の不始末のないよう、注意された様です。

※お祖母ちゃんが、孫や曾孫を守りたい気持ちは、あったかい親心なんだと痛感しますが

それにしても上記もお二人の心の中に、お祖母ちゃんを思う気持ちがなければ、大事なメッセージは届かなかったかもしれません。思わず「お祖母ちゃん、お願い!」という気持ちが、一体何を産み出すのか、次回のブログで綴っていきますのでお楽しみに。