蓮伽先生のブログ

蓮伽先生のブログ

霊の世界はどこにあるの?

[蓮伽先生のブログ] @2018/07/21 09:00

あなたの考える霊の世界はどんなものでしょうか?

「あの世」「死後の世界」「地獄、極楽」など、

霊の世界を語るとき、

実に様々な言葉で表現されていますね。

でもその言葉のどれもが、ずいぶん遠い場所にあって、

この世とはかけ離れたイメージがあるとは思いませんか?

見えない世界だけに、そのイメージはどんどん膨らんで、

とてつもなく大きな不安や、理想を生んでしまいます。

今回はこれまでの相談結果の中に見られた霊の世界はどんな世界で、

亡くなった人たちは何を伝えたいのか、

に視点を置いてお伝えしたいと思います。

ケース1)『亡くなったお母さんは今も現役!』

お仕事の件で相談されたKさんは、そろそろ赤ちゃんをと

考えている仲の良いご夫婦でした。

その折、5年前に亡くなったお母さんが今どうしているのか、

また自分たちのことをみまもってくれているんだろうかと

ご心配の様子でした。

霊視で、お母さんの体型や人柄などを確認された後、

亡きお母さんからのメッセージを伝えました。

「息子の現在の胃の状態(弱くないか)を伝えて欲しい」

と今なおご主人や息子夫婦の行く末を見守っていらっしゃる

ことの証しとして伝えました。

ご主人の行く先を案じていらっしゃって、息子さんに

「お父さんが年をとったら、あなたたち夫婦で面倒を見てあげて

欲しいの。大変だと思うけど、私もいつも見ているから

お願いしますね。」と、つのる思いを託されました。

息子さんの心の中にある、生前のお母さんが、

今も変わらぬ心配のしかたで自分たちを見守っていらっしゃる

ことに少なからず驚かれ、5年ぶりに触れるお母さんの感覚に

とても感激されたご様子でした。

ケース2)『お願いだから息子に伝えて』

「明日は一人息子の卒業式だったのにねぇ」

お通夜の会場でそんな会話を耳にしました。

脳溢血で亡くなった友人はまだ30半ば。

焼香を済ませ、親族席にあいさつに向かうと

私の娘と保育園の時一緒だった、

ただし君のお母さんが親族だったことがわかりました。

それから数日後、蓮伽先生から

「あなたのそばに女の人がいて、知り合いの人かな?」

と言われました。体型や状況を聞き、

先日亡くなった友人であると確信しました。

その友人は

「子どものことが気がかりでいつもの様に心配してそばに居るのに、

息子は私に気づいてくれない。

お義母さんが面倒を見てくれているけど、

私はココにいるって伝えて」と言ったそうです。

それからしばらくして、偶然ただし君のお母さんに

会うことができました。残されたお子さんの様子を尋ねると

「父親のお祖母ちゃんがこどもの面倒をみていて

死んだお母さんのことは忘れて、元気を出してって

励ましているみたい」

この言葉を聞いて、彼女の気持ちが胸に突き刺さるようにわかりました。

どちらのお母さんにも共通しているのは、

「亡くなっても自分の心は生き続けていることを知らせたい

という強い思いです。

続きはブログで。お楽しみに。

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

霊の世界って?

[蓮伽先生のブログ] @2018/05/18 9:30

◆霊の世界は精神社会?

亡くなった人達は、生前の記憶をもったまま、

私たちを見守ることのできる位置に

存在している事が分かりかけてきましたね。

先祖霊の場合、

どこのお宅の先祖霊にも共通して言えるのは、

生きていたときよりずっと心配性になっていることです。

これはなぜなのでしょう?

『体+心=人間』

私たちは、この体とこの心があって初めて生きています。

でも確かにあるはずの心は目で見ることができませんね。

『人間ー体=霊』

 「霊は物質である体が死を迎えたとき、見えない心が残る」としたら・・・。

この心、精神そのものが霊と言えるのでは?

◆ どうして霊は心配性?

心そのものになった霊は、

ある意味で人生の延長線上を走る先輩ライナーの様なものですから、

後に続く私たちの生活を、経験者として心配しながら眺めています。

霊たちは、日頃から私たちの心を情報源として、

現在の状況を知ったり、

私たちの心の中の喜怒哀楽や不安、葛藤などから生み出される

体の不調や先行きを知って、

安心したり心配したりの連続なのかもしれません。

生きていれば直接悩みを聞くこともアドバイスすることもできるのに、

体が無いために、起こりうる事態をわかっていながら、

思うように伝えられないもどかしさは、

サスペンスドラマの結末や犯人を知っていながら、

あなたが何時気づいてくれるのか、ハラハラ、ドキドキ待っている気持ちに

似ていると思いませんか?

◆ でも、大丈夫!

まず、亡くなった人の心が今も生き続け、

私たちの心に向けられていることを知って、

「もしも、自分が霊になったら・・・」

というキーワードをいつも思い出してください。

誰でも自分の子孫は可愛いですし、

生きていたときに心を通わせた人には、

自分が亡くなってからも忘れて欲しくないものですね。

そのためには、生きている今の内に、

自分を取り囲む人との心のつながりを大切に築いておくことが必須条件です。

そうすれば亡くなってからも、

自分の残した子孫や関わった人たちを安心して眺めていられるはずですよ。

だって

「こんな時、お母さんはこうして乗り切ってた」

「お父さんなら、こういうだろうな」

「お祖父ちゃんはコレで失敗したけど、お祖母ちゃんが支えてた。だから自分は同じ失敗はしないぞ!」

なんて、生きてる人の心の中にいつも自分が存在していることができれば、

亡くなってからでも心を通じて見えないアドバイスをしたり、

より堅いガードで残された人を守ることができるのではないでしょうか?

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

==蓮伽(れんか)先生のご紹介==

占い方法:霊感・霊視・透視・人体透視・ダウジング

守護霊との交信・オーラ鑑定・家相

マスコミでも活躍されていた先生ですが、現在は表舞台を避けて

お電話のみで鑑定されています。

------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

霊との対話

[蓮伽先生のブログ] @2018/03/12 15:51

私は日常茶飯事に

霊との対話をしていますので

私自身は不思議なことではないのですが、

霊との対話をする中で

お墓にまつわるお話をさせていただきます。

以前実家のお墓参りに行ったとき

お隣のお墓が黄色い

土盛りの状態になっていたので

「遺骨を抜いたのかな?」

と思っていました。

その夜にそのお墓から

手が出ている夢を見ました。

さらに翌日、

男性に憑依された状態になり

「助けてー!」

と突然に言葉を発していたのです。

男性の姿が映像化されて視えていました。

すぐに実家に電話して確認しましたが、

「抜いているお墓だから遺骨はないだろう。」

という返答。

しかしお隣のお墓の持ち主に確認してもらうと

実は遺骨は

埋まったままだということがわかりました。

この持ち主の家庭には

ふつうではありえないことが起こっていました。

・同じ病気が立て続けに出ていた。

・墓石の頭の部分が接着してあるのに

動く・ずれている など

私が霊視をして差し上げ、

男性の霊と対話をしました。

お墓はあの世に行ってからの

住まいと考えると

霊にとっても住みやすい環境に

整える必要があります。

例えば、お墓に木を植えたことで

根が墓の内部に根を張ったり

お墓の内部に水が入り、

遺骨が濡れた状態だったりすると

生きている子孫の命にかかわるようなことが

起きることがよくあります。

霊にも要望があり、

何があって今の状態になるかを

知らせているのです。

お隣のお墓はやはり

居心地の悪いものだったのでしょう。

その後遺骨を取り出して

仏壇の前に置いた途端、

奇妙な作用がなくなった、

と連絡をいただきました。

いずれは生きている私たちも

お墓に入ることになります。

人も代々受け継がれる精神は

樹木の年輪と同じなのです。

生きている間に

自分の先祖とつながりを持つこと。

あまり固く考える必要はなく、

日のはじまりや終わりに

語りかける気持ちでいいのです。

日頃から先祖と対話する気持ちでつながることで

ピンチの時に守ってくれるようになります。

逆に原因の分からないような、

普段と違う動きが出たときは気をつけたい時です。

それは霊からの警告であったりもしますので

変化に気づける心を持つことが大切なのです。

お墓にまつわるご相談を多くお受けする中に、

「お盆やお彼岸以外には

なかなかお墓に行く機会がないのですが。」

というご質問があります。

お墓に訪れることで

ご先祖様とのつながりが深まりますので、

出向くことが出来るときは

もちろん行くのがいいですが、

それが出来なくても

考え方を柔軟にして

普段の心がけが供養であると

考えていただければ結構です。

幸せな未来をつかみましょう!

------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時