純叔先生のブログ

純叔先生のブログ

子供のころの夢

[純叔先生のブログ] @2019/10/08 09:00

小さいころはおしゃべりで、甘えたで典型的な末っ子タイプでした。

なりたかった職業も女の子らしく、ケーキ屋さん。

色彩豊かなクリームの飾りや甘い匂いがたまらなく好きでした。

その頃は、ケーキを作る難しさなど全く知らなかったので、

いつでもケーキが食べられるかも、、、と

ぐらい思っていたのでしょう。

しばらくすると、夢は百貨店のエレベーターガールに。

制服を着てピシッと背筋を伸ばしたお姉さんたちが、

兎に角かっこよく見えました。

百貨店という綺麗な空間でのお仕事も素敵にも思えました。

しかし、いざアルバイトとして百貨店で働いてみると、

エレベーターガールではありませんでしたが、

長時間、立っての勤務は大変だと知りました。

もう少し成長すると、

先生になりたいと思うようになりました。

古文の先生に定年間近の女の先生がいました。

頭が今はやりのグレーヘアーで後ろで束ねておられたので、

仇名はモップ。

本当に恐い先生で、めったに冗談など言いませんし

笑いもしません。

副担任でもあったので、担任が休みの時は

最初と最後には教室に来ます。

その時は、授業の時とは全く違って生徒同士の揉め事など、

よく言い分を聞き、ユーモアのある解決をされました。

それから、嫌いだった古典を勉強するようになりまし、

先生になりたいなぁ~と憧れるようにもなりました。

また、そのころ夢中になったのが、トンガ王国に行くことでした。

探検雑誌で「トンガ人は純心で自然に沿った暮らしをしている」と

いう記事に私の中で桃源郷のようなイメージが膨らみました。 

それ以来、どうすればトンガに行けるかを調べる毎日。

今でこそトンガのことを誰でも知っていますが、

当時は「それどこ?」なんて言われていました。

そうこうしているうちに進学就職と現実の世界の波にのまれ、

トンガどころではなくなってしまいました。

   

占い師になることも夢の一つでした。

夢を持つこと、それに向かうことはたのしいことです。

これからも小さいながらも夢を持ち、

叶えられるように努力出来ればと思います。

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

一度は見たい景色

[純叔先生のブログ] @2019/09/17 09:00

 機会があるなら、ナイル川に沈む夕日を眺めたいと思います。

ナイル川は古代エジプト文明の発祥の地。

世界最長の長さでもあり、 

その西方位には歴代王朝の墳墓の遺跡があります。

そこに眠る古代エジプト王朝は、

BC3000~BC30年までの間に30もの王朝が興亡しました。

エジプト最後の王朝となったプトレマイオス王朝滅亡時の王は、

かの有名なクレオパトラ7世です。

「エジプトはナイル川の賜物」と言ったのは、

古代歴史家のヘロドトス。

毎年繰り返す氾濫で河土か堆積し

肥沃なデルタ地帯になったそうです。

墳墓からは、豊かな人々の暮らしを偲ぶ埋葬品が出土しています。

特に1922年に未盗掘のツタンカーメン王の墓からは

黄金のマスクや数々の埋葬品が現れたことは有名です。

ツタンカーメン王は第18王朝の12代目の王。

父は宗教改革をしたアメンホテプ4世。

しかし、宗教改革は失敗し、

ツタンカーメンの代で元の宗教に戻ってしまいましたが、

ツタンカーメンの副葬品から出た黄金の玉座の背もたれには、

父が信じたアテン神(太陽)が、

人々に平等に手を差し伸ばしている姿が描かれています。

これは、ツタンカーメンが尊敬した父王への、

オマージュだったのかもしれません。

また、背もたれには妻のアンケセナーメンに

香油を塗って貰っている、王の姿があります。

病弱で幸薄く早逝したツタンカーメンにも、

寄り添う王妃がいて愛に包まれた穏やかな時間があったのですね。

本などでこの背もたれのふたりを見ていると、

3300年の時を一気に遡りこちらまで幸せな気持ちになります。

いつの時代でも人の気持ちには変わりはないということでしょう。

歴代の王や王妃たち、

そしてピラミッドに関わった人々や市井に暮らす人々。

5000年の悠久の時を見つめるナイル川。

  人々は一日の終わりの夕日をどのような思いで

みつめたのでしょうか。

私もぜひその夕日を見たいと思います。

また、カイロ考古学博物館に収蔵されている

黄金の玉座のふたりにも会ってみたいなぁ~と思っています。

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時

前世について

[純叔先生のブログ] @2019/08/08 09:00

人はお母さんの産道を通ってくるときに、

前世の記憶や今世でこなさなければならない課題など、

全て忘れてしまうといわれています。

しかし、夢見やデジャブなどの経験、好みや特技などから、

おぼろげながら前世のことが見えてくることもあります。

私は、父方の祖母から顔や仕草が似ていることで、

自分の母親、即ち私の曾祖母の生まれ変わりだ、と言って、

よく可愛がってもらった記憶があります。

私が生まれた時には亡くなっていて会ったことはありませんが、

昔の女性らしく一家を支えた頑張り屋さんだったとか。

いつの間にか祖母の言葉を信じている私は、

苦しい時には、私も頑張らねば、と勇気を奮い起こしています。

人は肉体を貰った家系のDNAを受け継ぐので、

両親や先祖に顔形が似ると同時に因縁も同じ傾向になり、

家系の何代か前の先祖が前世という場合も多々あります。

しかし、ずっと何代もその家系に

生まれ変わっていくとは限りません。

前世ではいろんな国に生まれ、男女の性もまちまちです。

私は、以前から昔の中国文化が大好きで、

二胡の音色は聞いた時から懐かしく思えました。

しかし、そんな趣味を持つ者は家族の中で私一人でした。

かなり前のこと。ある方に

「あなたの前世の中に中国人がいるようですよ」

と言われ、ドキッとしたことがありました。

その人は男性でたくさんの人と出会い

楽しい一生を終えたそうです。

現在の私は女性で日本に生まれましたが、

中国が元祖の東洋占術を学び、

鑑定を通じてたくさんの方との出会いを楽しんでいます。

ある本で、アメリカに生まれた才色兼備の女性の前世は、

フランスで貴族に使える召使だったと読んだことがあります。

口うるさい意地悪な女主人に不平も言わず、

器用な手先で服を縫ったり刺繍をしたりと

一身に仕え一生を終えました。

その忍耐力のお陰で、生きている間何不自由のない暮らしをし、

たくさんの人にその美貌と優しさで慕われたとありました。

前世を知ることは今世を生きる

よすがとなり励まされる場合もあります。

また、今世でのありようが来世に影響を与えるのなら、

今の人生を大切に過ごし、

自分なりに充実させていきたいと思います。

幸せな未来をつかみましょう!

---------------------------------------------------

幸せになりたい人必見! → 1日5分の開運アイデア

占い師のプライベートから不思議な話まで → 占い師の裏話

電話占いでこんなに変わった!   → 占い体験談

------------------------------------------

全国に在籍するトップレベルの先生をご紹介します!

 ↓ ↓ ↓

女性専用 電話占い エスペラント

0120-29-8868(福 ハッピー・ハロー・ハッピー)

携帯の方は

076-272-1131(つなぐ いい未来)

受付時間 朝9時~深夜0時